仮想通貨ブログに専念するため、たまーに更新します!仮想通貨ブログはこちら!

超簡単!VagrantでSSLエラーが発生した場合の対処方法!

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

VagrantでSSLエラーが発生したんだけど、解消方法が分からないんだよね。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • VagrantでSSLエラーが発生した場合の対処方法
  • 本記事の執筆者
いずみん(@izumin_0401)

今回は、VagrantでSSLエラーが発生した場合の対処方法を解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

プログラミングを学びたい方必見!

オンライン特化のプログラミングスクールなら「」が超おススメ!

副業としてプログラミングを学びたい方にもおすすめのスクールです!

  • 初心者が9割以上なので挫折せずに学べる!
  • 受講者に副業の仕事を1案件以上斡旋! ※条件あり
  • オンライン完結型なので、在宅でもお仕事可!
  • プロのメンターがサポートしてくれる!

キャリアカウンセリングメンター相談無料でできるのもおすすめポイントです!

目次

VagrantでSSLエラー

Vagrantのbox追加時や起動時に、以下のようなエラーが発生する場合があります。

Error: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate

VagrantでSSLエラーが発生する理由

SSLエラーが発生する理由は、「サーバからのSSL証明書を検証してしまっているから」です。

URLがhttpsのサイトからboxをダウンロードしたりするとエラーが発生します。

VagrantでSSLエラーが発生する場合の対処方法

SSLエラーに対処するには、「サーバからのSSL証明書を検証しないようにすればよい」わけです。

つまり、httpsのサイトにアクセスする際、httpのサイトとして判断させるようにすればOKです。

config.vm.box_download_insecure = true

ということで、Vagrantfileに上記1行を追加します。

これだけなので非常に簡単ですね。

追加箇所は、「config.vm.box」記載の後行辺りでOKです。

config.vm.box_download_insecureとは

設定 説明
config.vm.box_download_insecure trueを設定すると、サーバからのSSL証明書を検証しない。
デフォルトではSSL証明書を検証する設定となっているため、SSLエラーが出る場合はtrueを設定しておく。

まとめ

今回は、VagrantでSSLエラーが発生した場合の対処方法を解説しました。

分かってしまえば意外と簡単でしたね。

ではまた!

まとめ
  • VagrantでSSLエラーが発生した場合は、SSL証明書を検証しないようにする。
  • 関連記事
  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

稼ぐスキルを身に付けよう!!
SNSもフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次