仮想通貨ブログに専念するため、たまーに更新します!仮想通貨ブログはこちら!

【PostgreSQL】DBのトリガーで例外のテストを行う方法!

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

DBのトリガーで例外のテストを行う方法が知りたいんだけど、良く分からないから教えてもらえないかな??

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • トリガーで例外テストを行う方法
  • トリガーを使うメリット
  • トリガーの設定方法
  • 本記事の執筆者
いずみん(@izumin_0401)

今回は、DB(PostgreSQL)のトリガーで例外のテストを行う方法を解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

プログラミングを学びたい方必見!

オンライン特化のプログラミングスクールなら「」が超おススメ!

副業としてプログラミングを学びたい方にもおすすめのスクールです!

  • 初心者が9割以上なので挫折せずに学べる!
  • 受講者に副業の仕事を1案件以上斡旋! ※条件あり
  • オンライン完結型なので、在宅でもお仕事可!
  • プロのメンターがサポートしてくれる!

キャリアカウンセリングメンター相談無料でできるのもおすすめポイントです!

目次

例外のテストをするならトリガーが便利

どのシステムでも例外のテストは行いますが、直接ソースコードを編集するのは嫌ですよね。

DBのトリガーを使うことで、より簡単に例外のテストを行うことができます

トリガーで例外テストを行うメリット

一番のメリットは、「ソースコードを直接編集しなくてもよい」点です。

デメリットは特にありませんが、トリガーをテストで使用した場合、削除し忘れると例外が出っぱなしになります

トリガーを設定してみる

-- トリガーから呼ばれるファンクション
CREATE OR REPLACE FUNCTION raise_exception() RETURNS TRIGGER AS $
   BEGIN
       RAISE EXCEPTION 'あほーーー';
   END;
$ LANGUAGE plpgsql;

まずは、トリガーから呼ばれるファンクションを先に設定します。

例外を投げるだけのファンクションです。

-- トリガー本体
CREATE TRIGGER exception_mst_user
   AFTER INSERT ON mst_user
   FOR EACH ROW
   EXECUTE PROCEDURE raise_exception();

トリガーです。

上記を設定すると、ユーザマスタへのデータ登録直後に例外が発生します。

「直後」を「直前」にすることもできますし、「INSERT」を「UPDATE」に変更することもできます。

まとめ

今回は、DBのトリガーで例外のテストを行う方法を解説しました。

僕はトリガー好きなんですが、あまり認知されてないんですよね。。

ではまた!

まとめ
  • トリガーは例外のテストを行う際に便利。
  • トリガーを使うメリットは、直接ソースコードを編集しなくてよい点。
  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

稼ぐスキルを身に付けよう!!
SNSもフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次