仮想通貨ブログに専念するため、たまーに更新します!仮想通貨ブログはこちら!

【Postgres】DBのテーブル名とレコード数を確認する方法!

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

DBのテーブル名とレコード数を簡単に確認する方法ってあるかな??

こんな疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
  • DBのテーブル名とレコード数を確認する方法
  • 本記事の執筆者
いずみん(@izumin_0401)

今回は、DB(Postgres)のテーブル名とレコード数を確認する方法を解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

プログラミングを学びたい方必見!

オンライン特化のプログラミングスクールなら「」が超おススメ!

副業としてプログラミングを学びたい方にもおすすめのスクールです!

  • 初心者が9割以上なので挫折せずに学べる!
  • 受講者に副業の仕事を1案件以上斡旋! ※条件あり
  • オンライン完結型なので、在宅でもお仕事可!
  • プロのメンターがサポートしてくれる!

キャリアカウンセリングメンター相談無料でできるのもおすすめポイントです!

目次

Postgresの特徴

Postgresは、自分自身がどのように使われているかの情報を内部に保持しています。

つまり、DBのテーブル名とレコード数はPostgresが保持している情報から調査できます

DBのテーブル名とレコード数を確認する方法

DBに対して以下のSQLを実行するだけです。

select
    relname
    , n_live_tup
from
    pg_stat_user_tables
where
    schemaname = 'public'
order by
    relname
;
relname テーブル名
n_live_tup 保持されている有効な行数
pg_stat_user_tables ユーザテーブル情報

まとめ

今回は、DB(Postgres)のテーブル名とレコード数を確認する方法を解説しました。

統計情報に詳しくなればDBの調査をする際にも役立ちますし、知っておいて損はありません。

ではまた!

まとめ
  • DBのテーブル名とレコード数は統計情報から簡単に確認できる。
  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

稼ぐスキルを身に付けよう!!
SNSもフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次