日々更新中です!

【Laravel】Non-static methodエラー対処方法!

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

「Non-static method」エラーが出るんだけど、解消方法が分からないんだよね。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • 「Non-static method」エラーの解消方法
  • 本記事の執筆者
プロフィール
いずみん(どこの写真だよ)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 物販月利50万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、プログラミング、投資をやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやっています!

今回は、「Non-static method」エラーの解消方法について解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください。

目次

Non-static methodエラーとは?

「Non-static method」エラーの意味は、「staticメソッドがない」です。

Non-static methodが発生する事例

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use DB;
use App\Models\Sample;

class SampleController extends Controller {
    
    public function sample(Request $req) {
        Sample::execute();
    }
}

SampleController」を定義します。

本コントローラーからモデル「Sample」の「execute」メソッドを呼び出します。

<?php

namespace App\Models;

use Illuminate\Database\Eloquent\Builder;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Sample extends Model {

    public function execute($query, $params) {
        // 何かしらの処理
    }
}

モデル「Sample」です。

何が問題か?

コントローラーからモデルのメソッドをstaticに呼び出しているのが問題です。

Laravelではstaticにアクセスする際、モデル側のメソッド名に「scope」を付けます。

これにより、コントローラーからモデルのメソッドにstaticにアクセスできます。

Non-static method対応策

<?php

namespace App\Models;

use Illuminate\Database\Eloquent\Builder;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Sample extends Model {

    public function scopeExecute($query, $params) {
        // 何かしらの処理
    }
}

モデル「Sample」を上記のように修正します。

これで完璧です。

まとめ

今回は、「Non-static method」エラーの解消方法について解説しました。

分かってしまえば意外と簡単でしたね。

ではまた!

  • おすすめ本はこちら!
いずみん

僕は↑の本でLaravelの勉強をしました!
非常に分かりやすいのでおすすめです!

  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由大好きおじ

自由大好きおじ | 物販月利50万達成⇨脱サラ | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・プログラミング・投資に関する情報を発信中 | 元エンジニア | 保有資格約20個

コメント

コメントする

目次
閉じる