仮想通貨ブログに専念するため、たまーに更新します!仮想通貨ブログはこちら!

【京都府】西芳寺(苔寺)のおすすめ時期は?写経なしや予約キャンセルは可?

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

西芳寺(苔寺)のおすすめ時期っていつなのかな?
あと、写経をなしにしたり、予約をキャンセルしたりはできるのかな?
事前に詳細情報が知りたいんだけど。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • 苔寺のおすすめ時期について
  • 苔寺の予約キャンセルについて
  • 苔寺の写経について
  • 苔寺の詳細情報
  • 本記事の執筆者
いずみん(@izumin_0401)

今回は、西芳寺(苔寺)の詳細情報について解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

  • 飛行機代はマイルで無料!
飛行機代はマイルで無料!

飛行機を利用する場合は、マイルを使えば無料で旅行が可能です!

僕はせどりで貯めたマイルを使っているので、飛行機代はいつも無料です!

マイルを貯めるなら、「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」一択です。

※年会費はかかりますが、それ以上に特典が盛りだくさんなので興味のある方は詳細へGO!!

\ 詳細はこちら /

目次

苔寺のおすすめの時期は?

苔寺 庭園

結論、苔寺のおすすめ時期は「紅葉の時期」と「梅雨の時期」になります。

紅葉の時期

紅葉の時期は景観が段違いです。

苔寺はその特性上、一面が苔の緑に覆われています。

苔寺の苔は人の手によってしっかり管理されているため非常に綺麗ですし、苔と紅葉の対照的な色合いが見事にマッチして、他では見られない景観を演出しています。

梅雨の時期

秋頃以外におすすめな時期が梅雨になります。

梅雨の時期が良い理由は、雨の日が多いからです。

一番おすすめなのは雨上がりで、これも苔の特性ですが、少し水分を含むと光沢が出て、より一段と苔が綺麗に見えるのでおすすめです。

苔寺は予約キャンセル可能?

苔寺 お手入れ中

予約のキャンセルですが、どうしても行けなくなった場合は電話等で連絡しておきましょう

別日に変更してもらえる可能性もあるので、わざわざ往復はがきを用意して再申込みする手間も省けます。

いずみん

苔寺は往復はがきで事前申し込みをする必要があります。
また、遅刻すると入れてもらえない可能性があるので時間はしっかり守りましょう!

苔寺での写経はなしにできないの?

苔寺 庭園

苔寺は庭園を拝観する前に写経を行ないますが、写経をなしにすることはできません

写経の所要時間は約40分~1時間ほどです。

苔寺の拝観料

拝観料は3000円と少しお高いですが、写経代が含まれています。

写経は普段できることではないですし、貴重な体験ができることを考えると3000円は安いかなと思います。

拝観料を支払うのは庭園拝観時になります。

苔寺へのアクセス

苔寺 入り口

こちらが苔寺の入口になります。

いずみん

阪急松尾大社駅から徒歩約20分です!

苔寺の御朱印は少し変わっている?

苔寺 御朱印

庭園拝観後、御朱印を購入できます。

値段は500円になりますが、苔寺の御朱印は少し変わっているので是非購入してみてください。

御朱印帳を持っていない場合は、すでに御朱印が書かれたものを購入することもできます。

まとめ

今回は、西芳寺(苔寺)の詳細情報について解説しました。

苔寺は非常に趣のあるお寺ですので、是非一度足を運んでみてください。

ではまた!

まとめ
  • 苔寺のおすすめ時期は、紅葉と梅雨の時期。
  • 苔寺の予約キャンセルは電話で確認するのがベスト。
  • 苔寺での写経はなしにできない。
  • 飛行機代はマイルで無料!
飛行機代はマイルで無料!

飛行機を利用する場合は、マイルを使えば無料で旅行が可能です!

僕はせどりで貯めたマイルを使っているので、飛行機代はいつも無料です!

マイルを貯めるなら、「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」一択です。

※年会費はかかりますが、それ以上に特典が盛りだくさんなので興味のある方は詳細へGO!!

\ 詳細はこちら /

  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

稼ぐスキルを身に付けよう!!
SNSもフォローしてね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次