日々更新中です!

gdb-pedaがCTFで出現したので入門してみた件

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

gdb-pedaを使ってみたいんだけど、よく分からないから教えてほしいな。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • gdb-pedaとは?
  • gdb-pedaコマンドの詳細
  • 本記事の執筆者
プロフィール
いずみん(どこの写真だよ)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 物販月利50万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、プログラミング、投資をやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやっています!

今回は、「gdb-peda」について解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

目次

gdb-pedaとは

gdb-pedaとは、ざっくり言うと「デバッガ」です。

gdb自体はLinux系OSに標準でインストールされていることもあり、CTFで最もよく使われるデバッガです。

gdb-pedaのインストール

git clone https://github.com/longld/peda.git ~/peda
echo "source ~/peda/peda.py" >> ~/.gdbinit

gdb実行

gdb [ファイル]

上記コマンドを実行し、「gdb-peda」と赤文字で表示されていればOKです。

gdb-pedaコマンド一覧

gdb-pedaのコマンド一覧です。

コマンド 説明
nextcall 次のcall命令まで進める。
nexti(ni) ステップを進める。
同じコマンドを続けて実行する場合は、Enterキーを押す。
pdisass [関数名] 関数の中身を表示する。
quit(q) 終了。
start 開始。
x/s [メモリ] メモリの中身を調べたいときに使用する。
例)x/s $rbp

gdb-peda内のワード

コマンド 説明
push 保存。
「push rbp」はベースポインタの保存。
mov 代入。というか移動?
「mov rbp rsp」はスタックポインタをベースポインタに代入。
jne jump if not equalの略。
直前の条件が成立しなかった場合に指定されたアドレスにジャンプする。

まとめ

今回は、「gdb-peda」について解説しました。

ではまた!

  • おススメ本はこちら!
いずみん

僕は↑の本でCTFの勉強をしました!
非常に分かりやすいので是非!

  • 関連記事
  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由大好きおじ

自由大好きおじ | 物販月利50万達成⇨脱サラ | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・プログラミング・投資に関する情報を発信中 | 元エンジニア | 保有資格約20個

コメント

コメントする

目次
閉じる