日々更新中です!

Angularの「global is not defined」エラー対処方法!

  • URLをコピーしました!
悩んでいる男の子

Angularで「global is not defined」エラーが発生するんだけど、対処方法が分からないんだよね。。

こんな悩みを解決します。

  • 本記事の内容
  • 「global is not defined」エラー対処方法
  • 本記事の執筆者
プロフィール
いずみん(どこの写真だよ)
  • 元エンジニア(歴7年)、資格保有数約20個(IT系以外も含む)
  • 物販月利50万円⇒脱サラ
  • 物販、システム開発、アフィリエイト、プログラミング、投資をやっています。
  • 物販は彼女と楽しみながらやっています!

今回は、Angularの「global is not defined」エラー対処方法を解説します。

いずみん

すぐ読み終わるので、是非最後まで読んでみてください!

目次

「Uncaught ReferenceError: global is not defined」エラーの内容

実際に発生したエラー内容です。

Uncaught ReferenceError: global is not defined
    at Object../node_modules/buffer/index.js (index.js:43)
    at __webpack_require__ (bootstrap:78)
    at Object../node_modules/aws-sdk/lib/browserHashUtils.js (browserHashUtils.js:1)
    at __webpack_require__ (bootstrap:78)
    at Object../node_modules/aws-sdk/lib/browserHmac.js (browserHmac.js:1)
    at __webpack_require__ (bootstrap:78)
    at Object../node_modules/aws-sdk/lib/browserCryptoLib.js (browserCryptoLib.js:1)
    at __webpack_require__ (bootstrap:78)
    at Object../node_modules/aws-sdk/lib/browser_loader.js (browser_loader.js:4)
    at __webpack_require__ (bootstrap:78)

「Uncaught ReferenceError: global is not defined」に対処するには

global is not defined」を直訳すると、「globalが定義されていない」となります。

つまり、globalをどこかに定義してあげればよいわけです。

「polyfills.ts」に「global」を定義する

Angularアプリのルートに「polyfills.ts」というファイルがあります。

このファイルの最後に「(window as any).global = window;」を記載します。

/**
 * This file includes polyfills needed by Angular and is loaded before the app.
 * You can add your own extra polyfills to this file.
 *
 * This file is divided into 2 sections:
 *   1. Browser polyfills. These are applied before loading ZoneJS and are sorted by browsers.
 *   2. Application imports. Files imported after ZoneJS that should be loaded before your main
 *      file.
 *
 * The current setup is for so-called "evergreen" browsers; the last versions of browsers that
 * automatically update themselves. This includes Safari >= 10, Chrome >= 55 (including Opera),
 * Edge >= 13 on the desktop, and iOS 10 and Chrome on mobile.
 *
 * Learn more in https://angular.io/guide/browser-support
 */

/***************************************************************************************************
 * BROWSER POLYFILLS
 */

/** IE9, IE10 and IE11 requires all of the following polyfills. **/
// import 'core-js/es6/symbol';
// import 'core-js/es6/object';
// import 'core-js/es6/function';
// import 'core-js/es6/parse-int';
// import 'core-js/es6/parse-float';
// import 'core-js/es6/number';
// import 'core-js/es6/math';
// import 'core-js/es6/string';
// import 'core-js/es6/date';
// import 'core-js/es6/array';
// import 'core-js/es6/regexp';
// import 'core-js/es6/map';
// import 'core-js/es6/weak-map';
// import 'core-js/es6/set';

/**
 * If the application will be indexed by Google Search, the following is required.
 * Googlebot uses a renderer based on Chrome 41.
 * https://developers.google.com/search/docs/guides/rendering
 **/
// import 'core-js/es6/array';

/** IE10 and IE11 requires the following for NgClass support on SVG elements */
// import 'classlist.js';  // Run `npm install --save classlist.js`.

/** IE10 and IE11 requires the following for the Reflect API. */
// import 'core-js/es6/reflect';

/**
 * Web Animations `@angular/platform-browser/animations`
 * Only required if AnimationBuilder is used within the application and using IE/Edge or Safari.
 * Standard animation support in Angular DOES NOT require any polyfills (as of Angular 6.0).
 **/
// import 'web-animations-js';  // Run `npm install --save web-animations-js`.

/**
 * By default, zone.js will patch all possible macroTask and DomEvents
 * user can disable parts of macroTask/DomEvents patch by setting following flags
 */

 // (window as any).__Zone_disable_requestAnimationFrame = true; // disable patch requestAnimationFrame
 // (window as any).__Zone_disable_on_property = true; // disable patch onProperty such as onclick
 // (window as any).__zone_symbol__BLACK_LISTED_EVENTS = ['scroll', 'mousemove']; // disable patch specified eventNames

 /*
 * in IE/Edge developer tools, the addEventListener will also be wrapped by zone.js
 * with the following flag, it will bypass `zone.js` patch for IE/Edge
 */
// (window as any).__Zone_enable_cross_context_check = true;

/***************************************************************************************************
 * Zone JS is required by default for Angular itself.
 */
import 'zone.js/dist/zone';  // Included with Angular CLI.


/***************************************************************************************************
 * APPLICATION IMPORTS
 */

// "global is not defined"対応
(window as any).global = window;

これでエラーが解消されます。

まとめ

今回は、Angularの「global is not defined」エラー対処方法を解説しました。

分かってしまえば意外と簡単でしたね。

ではまた!

  • おすすめ本はこちら!
いずみん

僕は↑の本でAngularの勉強をしました!
非常に分かりやすいのでおすすめです!

  • 関連記事
  • 自由な生き方がしたいなら!

自由な生き方をするためには、稼ぐスキルを身に付けなければなりません。

当サイト「リバトレ」では稼ぐスキルに関する情報を日々発信しているので、興味のあるものから見て頂ければ嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアするんやで!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いずみんのアバター いずみん 自由大好きおじ

自由大好きおじ | 物販月利50万達成⇨脱サラ | 物販(アパレルせどり)・アフィリエイト・プログラミング・投資に関する情報を発信中 | 元エンジニア | 保有資格約20個

コメント

コメントする

目次
閉じる